持ってきておいて良かった!

一人旅に持っていくと良いものは4つあります。 本、延長コード、収納フォルダ、小さいバッグ、これらのアイテムです。 なぜこれらのものを持っていくと良いのか。 まずは本ですが、本は移動時間などの手持ちぶさたな時間の解消に役立ちます。スマホでも代用できますが、バッテリーの問題を回避するには本がベストなのです。 つぎに延長コード。宿泊施設によってはコンセントの位置がベッドやイスから遠い場合があります。携帯が鳴るたびにコンセントのところまで移動するのは手間ですが、延長コードがあればその手間を省いてくれます。 収納フォルダについては、博物館や美術館、寺院などでもらったパンフレットなどを入れておくのに一役買います。バッグのなかがゴチャゴチャしてしまうのを防いでくれます。 そして小さなバッグです。四六時中大きなバッグを持って歩くのは骨が折れますが、小さなバッグがあれば余計な体力を使わなくて済みます。

一人旅で気を付けるべきポイント!

一人旅では誰にも邪魔されることなく、自分の好きなように行動できます。 自由気ままに旅できることは一人旅の魅力ですが、一人だからこその注意点もあります。 まず、トレッキングなどで山へ近づくときは、一人での行動を避けるようにしてください。 一人の場合だと、万が一崖下へ落ちてしまったときなど、身動きが取れなくなってしまう可能性があります。 山へ近づくときは、ガイドさんと一緒に行くようにしましょう。熊除けの鈴を持つこともお忘れなく。 次に注意すべきポイントは、有名なエリアやスポットではカップルを見ないようにする、ということです。 一人旅は孤独です。自分はこんなところで何してるんだろう、という思いに囚われてしまう危険があります。 どうしても行きたい場合は、視界にフィルターをかけるなどの対策をしたうえで向かいましょう。